八王子南口まちづくり提言書完成!

12月12日(月)、7ヶ月間に渡り検討してきた「八王子駅南口周辺地区まちづくり検討委員会提言書」を委員全員で黒須八王子市長に手渡してきました。委員長は首都大の吉川徹先生、私は副委員長として「エリアマネジメントを導入しましょう」と言い続けてきました。 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/seisaku/machidukuri/26705/index.html 委…

続きを読む

講演「ライフヒストリー研究の方法と課題」

9月21日(火)、松本先生と共に大妻女子大学人間生活文化研究所に出かけてきた。炭谷先生よりの依頼で、「ライフヒストリー研究の方法と課題-実証にいたる語り、合意にいたる語り」(サブタイトルは私がつけたもの)について報告するためだ。研究所では、大妻OGの戦争体験のライフヒストリーの収集PJを実施しているそうで、それに役立つような報告を行ってきた。 ライフヒストリー。漢字で書けば生活史。中野卓が…

続きを読む

『河川文化:河川文化を語る会講演集 その32』発刊

昨年夏、「企業の社会貢献活動から見る水の文化景観」と題し、社団法人日本河川協会が主催する「河川文化を語る会」で講演を行った。ミツカン水の文化センターが15年に渡り実施してきた「水に関する生活意識調査」の時系列分析について話したもの。 この内容が、講演集に収められ、発刊された。 http://www.japanriver.or.jp/publish/book/kataru_no32.htm …

続きを読む

地球研セミナーで大学成長力を考えた

京都にある総合地球環境学研究所(http://www.chikyu.ac.jp/)が10月9日に「地球研東京セミナー 人・水・地球-未来への提言-」を開催した。水研究者にはおなじみの研究機関だが、そこで「社会的水循環を支える水文化」という報告を行ってきた。 ご一緒した報告者は伊藤宏太郎氏(愛媛県西条市長)、沖大幹氏(東大生産技術研究所教授)、川戸章嗣氏(月桂冠常務取締役)、竹村公太郎氏(日本水…

続きを読む

地域コーディネーターとは?八王子志民塾開催

■八王子志民塾とは 先週9月19日(土)から八王子市、多摩大総研、NPOフュージョン長池の三者による協働で「地域コーディネーター養成講座」(10回)を開催している。会場は八王子市長池公園自然館、参加者は八王子市民の方で、地域活動やコミュニティビジネスの実践に限りなく近い位置にいる10名の方。 初回は久恒先生が図解手法を講義。参加者自らが「自分が現在行っている活動」を図解し、大いに盛り上がった…

続きを読む

河川文化を語る会で「社会的水循環」について報告

最近、水文化への関心が高まっていることを実感する。21世紀は水の世紀と言われるわけだが、自然-人工的な環境の中で水循環を実効あるものにする、すなわち最近私が言い続けている「社会的水循環」を進めるには、水文化への理解が欠かせない。 そんなことを感じるのだが、昨日は日本河川協会が開催している「河川文化を語る会」で「企業の社会貢献活動から見る水の文化景観」と題した報告を行ってきた。 私が関わってい…

続きを読む

公共政策学会で水政策について報告

2009年7月18日、日本公共政策学会東日本支部第4回研究会が開かれました。研究会のテーマは「水をめぐる学際的アプローチ」。この中で、私は「健全な水循環を支える政策文化」を90分話し、また中央大学理工学部都市環境学科教授で水の安全保障戦略機構委員の山田正先生が「最近の水政策と水技術の展開」と題し話されました。 山田先生は都市土木工学の観点から様々なトピックスを紹介。私は「水文化」、つまり社…

続きを読む

ダイレクトマーケティングに不可欠な「仲介者」の役割と「モードチェンジ」

■ダイレクトの対象は? 先日、株式会社ジー・エフが開催した「ダイレクトマーケティングフォーラム」(2009年6月23日)に出席してきた。多摩大総研が協賛していたこともあり、「不況に強いマーケティングを考える」というパネルディスカッションに登壇してきた。 参加者は日頃から切磋琢磨されているマーケター達。 一緒に壇上に上がったのがバリュークエスト(株)代表取締役の宮本雅通氏、(株)プロ・ヴィジ…

続きを読む

シンポジウム「多摩ニュータウンで農業を考える~食と緑のまちづくり」開催

 多摩ニュータウン学会公開シンポジウム「多摩ニュータウンで農業を考える~食と緑のまちづくり」が下記の通り6月20日(土)に開催されます。  多摩ニュータウン学会は、南多摩を対象に1997年に設立された地域学会で、多摩大学総合研究所も共に歩んできました。 ■ニュータウンを耕そう  農地や山林を開発して住宅建設を進めてきた多摩ニュータウンですが、計画的に整備された公園や緑地は意外に広く、周…

続きを読む