誠実な論点 発表2日目 The インターゼミ in History (26)

今日は2回目の発表。
多摩学グループ「TAMA魂多摩学」で、
・多摩川における水防の課題
・市民農園の可能性
・民話に見る多摩のライフスタイル
・世界をつなぐ絹の糸
・千人同心の蝦夷地開拓にみる多摩圏の組織文化
という個人の報告、そして最後は「多摩圏は複数の視点から考察しなければ語れない」というもの。

アジア経済グループは「アジア経済とどう向き合うか」。
グローバル人材とは何か?という点に、質問が出された。

学長からは、どちらかの結論に偏るのではなく、学生らしく両方を比較して、誠実に論点をもっていこうとコメントが出された。

来週25日は論文の仮提出。
画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

レイバン メガネ
Excerpt: 誠実な論点 発表2日目 The インターゼミ in History (26) 中庭光彦の地域活性化マネジメント研究室/ウェブリブログ
Weblog: レイバン メガネ
Tracked: 2013-07-06 03:10