都心の渓谷 神田川

10月23日(日)は朝から里川文化塾の第二回目。講師を地域形成史の研究者・難波匡甫さん(法政大学サスティナビリティ研究教育機構研究員)に御願いし、私はコーディネーターをつとめてきた。
今回の目玉は都市河川クルーズ。
日本橋たもとの乗船場から日本橋川を下り、隅田川を上流へ。浅草でUターンして小名木川へ。ここも途中Uターンして隅田川へ戻り、今度は神田川へ。水道橋から日本橋川へ入り、出発点へ到着。こんな贅沢クルーズだった。
画像


さて、ここはどこでしょう?

お茶の水なのだが、川から眺めると、どこか田舎の小川のよう。

都市河川を船上から眺めると景観が違ってくるのだが、今回感じたのは、護岸が邪魔して陸から川に降りられる場所が極端に少ないことだ。災害時の物資運搬路として有効だと思うのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

フェラガモ 靴
Excerpt: 都心の渓谷 神田川 中庭光彦の地域活性化マネジメント研究室/ウェブリブログ
Weblog: フェラガモ 靴
Tracked: 2013-07-03 11:58