インターゼミ2011(4)春学期の予定

■インターゼミ第三期も4回目。2年生も少しづつ慣れてきた感じがある。
この日発表された予定は、以下の通り。
5/14 学長とのチームミーティング①
5/21 同上②
5/28 ゼミ活動
6/4  同上
6/11 研究計画発表会
6/18 研究計画発表会(予備)
6/25 ゼミ活動
7/2  同上
7/9  同上
7/16 春学期最終回
8月下旬に夏合宿 中間発表

■多摩学グループは、今年度の問題意識を議論。GW前に、白洲次郎、白洲正子、中里介山というお題を学長から示唆された学生たちは、それぞれの文献リストはつくってきていた。それと、多摩をどのようにつなげるかが大きな問題で、みな悩んでいる。
「復興を通して多摩をみる」という意見も出されたが、「復興研究のために多摩をみる」というのではなく、今年は「多摩」そのものを説明できるようにしたい、という点ではメンバー全員が一致した。
とはいえまだ仕込みが足りないので、悩むのも当然。
もうすこし悩んでもらいましょう。
松本先生は、地元の縁ということもあり、中里介山に興味をもったとのこと。羽村の中里介山の隣家の玉川上水の水番から、中里介山像に迫りたいとのこと。
私は、白洲次郎というネットワーカーの思想と、実際の社会ネットワーク構造の変化を追えたらおもしろいと考えている。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック