地域系学生サミット立ち上げ? The インターゼミ in History(5)

昨日のインターゼミは、6/12の提出・発表に向けた研究企画書の議論。サービス・エンターテイメント、環境、アジア、多摩学の4グループ毎に討議が進んでいる。
そんな中、冒頭、おもしろい一コマを発見。
画像

3年生の岡君(左)が、多摩学グループのリーダー高橋君に「地域系のゼミ・活動グループのリーダー会を開こう」ともちかけ、「いいっすね!」と応じたもの。
実は、20日(木)午後に、岡君、松本先生、梅澤先生、私の4人が地域活性化マネジメントセンターで打合せをしていた時に、「学生同士でヨコの情報を共有したい」という岡君の申し出に、教員側は一も二もなく賛成し、上の写真のような光景が他でも繰り広げられているわけだ。
いま、地域系のゼミ、活動は(正確には把握していないが)15ぐらいにはなるはずだ。
おもしろいもので、現場に近い側からネットワーク化の動きが始まっている。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック